100ユーロ以上お買い上げで送料無料!

フランスの歌手にアクセを貸し出したお話

ボンジュール、皆さん(。·ω·。)ノシ

 

イムカでございます。

 

先日、フランスのNeslyというアーティストの新しいPVの為にとスタイリストの友人から連絡がありアクセサリーを貸し出しました。

こちらの方。

 

スタイリストの彼女からちょくちょくギリギリで連絡くる事があるので聞いてみたら、彼女の方もクライアントから連絡がギリギリで来るらしい。

ひどい時は数日前とか。

それから撮影で使う衣装・アクセサリーなどを色々なブランドに借りに走り回るので、本当に大変そうです。

シーンによって衣装が違うし、数パターン用意する必要があるので結構な大荷物。

ちなみに、フランスではスタイリストが衣装を借りる事をShopping ショッピングと言います。

別に買うわけでもないのね。

私の所にアクセサリーを取りに来たのももう夜7時すぎで、どんなシーンで、どういう衣装で、こんなアクセサリーを探している、という事を聞いて私も色々と提案したり、向こうからもうすでにこれがいい!、とか希望があったり。

その後、彼女は8時頃までいて、今からスタイリングの準備をして撮影は翌日の朝4時からって。

絶対ちょっとでも寝てやる!と言って帰ってったわ。

 

私も最近、生産、納品、新しいコレクションの準備、ファッションウィークと寝不足で、今も時差ボケやけど、やっぱりどの職業も大変ねー。

 

後、スタイリストの場合、借りたアイテムの管理とかもね。

イムカティムカ はコスチュームジュエリーなので、そこまで高価なものはないけれど、ブランドのお洋服とか1着数十万とかするし、借りるのも怖いわ。

流石に本当の宝石(カルティエとかショーメとか)の場合は、セキュリティの人が数人付くらしい。

そやそうよね。

失くなったらとんでもない事ですものね。

 

ファッション業界って、何となく華やかなイメージがあるけど好きじゃないとやっていけない職業かも、と人を見て思ったり。

 

ちなみにこちらがNeslyが着用したモデル。

もし気になる方は是非ご覧ください。

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは表示される前に承認される必要があります。